ノートパソコンの液晶修理に関して

バックライトか、インバータが故障している場合がほとんどである。両方の場合もある。

インバータとバックライトのどちらが故障しているかはちょっと見ただけでは判断しにくい。
バックライトを修理したのに症状が治らないのは、インバータの方が故障しているからである。 実際に修理してみないと、バックライトとインバータのどちらに問題があるのか判明しない場合が多い。
バックライトの修理を先にして、そのあとにインバータの修理という順番が一般的である。 バックライトはできても、インバータを修理するのは素人にとっては至難の業であると言える。

素人はあまり無理をせず、液晶修理業者に発注すると問題を大きくせずに直すことができるだろう。
実際に修理に必要な部品等は素人が揃えることができないし、集める手間もある。 パソコン修理業者であっても100%直すことが無理な場合もあるが、1社であきらめる必要はない。

液晶が故障した場合、本体のどこに問題点があるのかが、わからない場合は、新品を買い替えてみるのもよい。
費用は業者により違うが、少しでも液晶修理料金がもったいないという場合は調べながら直してみるのもよい。 パソコン、液晶の型番によっても修理方法が変わったりもするので業者の料金が一律にならない。